Tシャツ基礎知識

Tシャツなんてどれでも一緒。そう思っている方も多いかもしれません。
しかし、そんな方も基本的なことを知った上でTシャツを見てみると、今までとはちょっとだけ見方が変わるかもしれません。
Tシャツの一般的な用語をまとめてみました。

Tシャツ 袖を広げた形がTの字に似ているからTシャツというのは有名。 ちなみにYシャツはYの形だから・・・というわけではありません。ホワイトシャツから来ているそうです。 (Whiteの発音はワイに聞こえることから)
oz[オンス] 重さです。1oz=28.35g。基本的に重い方(数字が大きい方)が厚手でしっかりしています。
ヘビーウェイト 糸の太さです。綿糸の場合は、840ヤードの長さで1ポンドの重さを持つ糸を1番手とします。 数が小さくなるほど太くなります。
番手 糸の太さです。綿糸の場合は、840ヤードの長さで1ポンドの重さを持つ糸を1番手とします。 数が小さくなるほど太くなります。
コーマ糸 綿花の未熟部分をくしがけすることにより(コーマ通しと言う)、短い不良部分を約15~20%取り除いた糸です。コーマ通しされると、長い繊維だけが平行に揃えられるため、やわらかくて肌触りが良く品質の良い糸になります。 日本製のTシャツはこのコーマ糸を使ったものが多く見られます。
セミコーマ糸 コーマ通しにより不良部分を約10%取り除いた糸です。 コーマ糸と比較すると若干ラフな風合いになります。
カード糸 不良部分を約5%ほど取り除いたものです。コーマ糸に比べ色艶が無く、ゴワゴワした肌触りになります。 しかし、そのラフな風合いとへたりにくい強さがアウター向きと言えるでしょう。 アメリカ製のTシャツはこのカード糸を使ったものが多く見られます。




セットインスリーブ スリーブ、すなわち袖を垂直に縫い合わせたものです。普通のTシャツはこうなっています。
ラグランスリーブ Tシャツではあまりないのですが、衿ぐりから脇の下に切り替え線を入れ肩と袖をひと続きにしたものです。ベースボールタイプと呼ばれるTシャツに見られます。袖と体の部分の色が違うのが普通です。
天竺編み 平編みのことです。適度な伸縮性があり体にフィットします。 英語では(Jerseystitch)ジャージーステッチと言われます。ほとんどのTシャツは、天竺編みの生地を使います。
フライス編み ゴム編み、リブ編みとも呼ばれます。 天竺編みよりも一層伸縮性に富み、衿や袖口に多く使われます。
鹿の子編み 平編みとタック編みが交互にくる編み方です。 鹿の子絞りの織物に外観が似ている事からこのように呼ばれるようになったそうです。 あまりTシャツで見かけることはありません。ポロシャツで多く見られます。
ラウンドネック
(丸首)
首周りの襟が丸くなっている事を指します。 基本的にはこれが一般の形です。
Uネック ラウンドネックよりも縦に広い形の事を指します。 形が「U」の形に見えることからこの様に言われます。
Vネック 字のごとく襟元が「V」の形に見えることからこの様に言われます。