Tシャツ豆知識

Tシャツに限らず、衣料品は基本的に消耗品です。
特にTシャツは、夏にアウターとして着る場合でも、冬にインナーとして着る場合でも素肌の上に直接着ることが多いので、着たら洗濯が基本ですよね。 でも、お気に入りのTシャツは長く着たいもの。
そこで、お気に入りのTシャツを長持ちさせる洗濯方法をご紹介します。

其の1 洗濯で痛むのは摩擦が原因

衣料品全般に共通して言えることですが、洗濯して服が傷むのは摩擦が主な原因です。
特にプリントT シャツの場合は、プリント部分が他の服などと擦れることにより、プリントがはげたりする原因になります。

其の2 裏返して洗濯

裏返して洗濯することにより、プリント部分と他の洗濯物との摩擦によるプリント部分の劣化を防ぎます。

其の3 洗濯ネットに入れて洗う

裏返すのと理由は同じです。他の洗濯物との摩擦を防ぎます。

其の4 弱水流で洗う

これも同じく強水流でゴシゴシ洗うよりやさしく洗ってあげる方が良いということです。

其の5 洗濯をするときに、襟ぐりを輪ゴムでしばっておく

某番組で紹介されていた裏技です。
他の洗濯物と絡んだりして襟ぐりが伸びてしまうの を防ぎます。

其の6 他の洗濯物と一緒に洗わない

ここまでするのはちょっとやり過ぎかなと思います。 確かに理屈から言えばここにたどり着くのですが、いくらお気に入りとは言えTシャツです。 Tシャツは普段の生活の中で着るものです。 過度に気を使うのは「Tシャツらしくない」と言えるのではないでしょうか?
色移りなどの心配もないので一番良い方法ではあると思います。




其の7 漂白剤を入れない

プリントものは漂白剤によってダメージを受けることがあります。 無地のものでも他の洗濯物への色移り や、他の洗濯物からの色移りがあるので漂白剤は避けた方が良いでしょう。

其の8 ドライクリーニングはしない

プリント部分が熱転写だったりすると悲惨なことになる場合があります (必ずなるとは限りませんが、プリ ント部分がはげて他にくっついたりする場合もあります)。

其の9 プリント部分に直接アイロンがけしない

ドライクリーニングと同じ理由で、プリント部分へのアイロンがけは避けた方が良いでしょう。 ものによって はプリント部分がはげてアイロンに色移りする場合があります(特に家庭用熱転写シートを使った場合)。 アイロンがけしたい場合は中低温でかけたほうが良いでしょう。

其の10 乾燥機は使わない

COTTON製品に乾燥機はあまりお勧めできません。 (基本的にコットン製品は洗って乾燥させれば縮 むのですが、乾燥機を使ってガンガン乾燥させると縮み方も半端じゃないです)。

其の11 干す時はハンガーを使わない

ハンガー干しは首回りがへたる一番の原因です。
胴のあたりで二つ折りにして干すのが良いでしょう。
洗濯後に限らず常時保存するときもTシャツにはハンガーを使わない方が無難です。