格安クラスTシャツ作成

クラスTシャツを作成するサイトは数多くあります。

使用したい図案の色数や、作成するTシャツの枚数によって値段が変わってきますの。

複数のクラスTシャツ作成を行っているサイトで実際に見積もりを出してみて価格を比較してみるのが良いでしょう。

 

クラスTシャツ 作成 サイト

クラスTシャツプリント方法

クラスTシャツにプリントする方法には、大きく「シルクスクリーンプリント」「熱転写プリント」の2つが挙げられます。

 

□ シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントとは、孔版印刷の一種で、絹(現在はテトロン、ナイロン等化学繊維)のスクリーンを張った版を原画の部分だけインクが通るように加工し印刷する方法です。

一般的なクラスTシャツの印刷はこのシルクスクリーンプリントで印刷します。

特徴

  • 洗濯しても色が落ちにくく耐性がある。
  • 通気性が良い
  • 一度版を作れば同じものが何枚でも印刷できるため大量印刷に向いている
  • 版の製作にコストがかかるため、少ない枚数には向かない
  • 1色ごとに版が必要なため、写真のようなものは不可能

 

□熱転写プリント

プリントしたいデザイン画(写真等)を特殊な専用シートに印刷し、熱をおびたプレス機で貼り付ける方法です。
一般的には専用のプレス機とカッティング熱圧着シートなどを使いプリントします。
最近では家庭用インクジェットプリンタで熱転写シートに印刷し、アイロンで転写するといった家庭でできるものも市販されています。
また極薄のラバーシートをカットし熱圧着する、単色ラバープリントもあります。

特徴

  • 洗濯をするとどうしても色落ちするため耐性があまりない。
  • 転写するため、通気性が悪い。
  • 一枚印刷などの少ない枚数に向いている(枚数が増えると逆に高コストになる)。
  • 版を制作するわけではないので、複雑なデザインの再現性が高い。
  • 写真やグラデーションなども可能。色数に制限がない。(単色ラバーシートは不可能)
  • 家庭用のものを使えば簡単に誰でもできる(ただし相応の品質)。

無地Tシャツとは

ひとえに無地Tシャツと言っても、メーカーが違えば肌触り、耐久性、サイズ、カラーバリエーションなど様々です。
ここではメーカー別にその特徴を紹介していきます。
なお価格は一般的な相場です。参考にしてください。
価格はお店、色、サイズ、枚数などにより変動します (基本的に白は安く濃色は高く、XXL以上のサイズも高くなるのが一般的です)。
S~XLまでのサイズの白Tシャツを安いお店で大量に買うのが一番安い購入方法と言えます。

 メーカー
アンビル
素材  コットン100%
生地
 COTTON DELUX 7.1oz
 GOLD BAR 6.2oz
 TRADITION 5.6oz
 RED BAR 5.6oz
 PURPLE BAR[ベトナム製] ???oz
生産地  アメリカ
価格  RED_BAR:500円~900円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


アメリカ産にこだわったTシャツ。
原綿から生地の染色、裁断、縫製までアメリカで行う、正にMADE IN USA。ということなのですが、最近では中国でも作っているようです。(PURPLE BARは日本の企業が作ったもので国内でしか販売されていないようです。)近年日本国内で人気No1ブランドと言えばこのanvil。”anvil”とは、英語で鉄床(かなどこ)のことです。鉄床とは金属加工に用いる鋳鉄製の作業台のこと。もの作りの頑固さ、トップクオリティーを常に目指す頑固さの象徴です。

anvilの特徴と言えばカラーバリエーションの豊富さ。

なんと51色ものカラーバリエーションがあります。ただしRED BAR(赤タグ)の場合で、それ以外のGOLD BAR(ゴールドタグ)やCOTTON DELUXなどでは色数やサイズが限られます。

COTTON DELUXはなんと12番手(※番手:糸の太さ)の糸を使用しています。

メーカー
ギルダン
素材  コットン100%
生地
 ULTRA COTTON 6.1oz
 HEAVY COTTON 5.4oz
生産地  アメリカ
価格  ULTRACOTTON:600円~1,000円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


なんと言ってもGILDANと言えばウルトラコットン。
GILDAN ULTRA COTTONは米国で2001年度北米マーケットシェアNo.1を獲得した人気商品です。6.1ozという厚手生地ですが、糸は17番手を使用しているためきめの細かい生地となっています(6.1ozにしては使っている糸が細い)。色数は2003年からアースカラー7色が加わって25色。アメリカ製Tシャツにありがちな縫製ミスなども少なく (日本で購入する場合は小売店がチェックしてはじく為、アメリカ製であってもエンドユーザーの方が問題のある製品を買ってしまうことはまずないと思います) 丁寧な縫製なのも良いところです。価格と質のバランスを考えると、北米マーケットシェアNo.1というのもうなずけます。
 メーカー
ヘインズ
素材  コットン100%
生地
 BEEFY 6.1oz
 ゴールドタグ ???
 青タグ ???
 赤タグ ???
生産地  アメリカ
価格  BEEFY:700円~1,100円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


創業100年以上の歴史を持つ老舗ブランド。
1901年プレザント・ヘンダーソン・ヘインズが噛みたばこの製造工場を改造して、メンズのニットシャツとアンダーウエアを製造する会社 「P・H・ヘインズニッティング社」を設立したのが始まりです。ヘインズのアンダーウェアと言えば世界的に有名。3P T-SHIRTと呼ばれる3枚1セットになったTシャツはよく見かけると思います。基本的には3Pシリーズはインナー向けで、アウター向けにはBEEFYというものがあります。BEEFYの名前の由来は、牛のようにタフでたくましいというところから来ています。

色数は12色。サイズはなんと5XLまであります(白のみ)。

 

メーカー
フルーツオブザルーム
素材  コットン100%
生地
 Lofteez 6.1oz
 Heavy weight 5.6oz
生産地  アメリカ
価格  Lofteez:750円~1,100円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


アメリカの老舗ブランドです。
フルーツの絵が描かれたタグはおなじみ。見たことがある人も多いのではないでしょうか?ヘンリーネックやVネックなどもあります。色数は8色。

 

 メーカー
キャンバー
素材  コットン100%
生地
 MAX-Weight 8.0oz
生産地  アメリカ
価格  MAX-Weight:2,800円~3,000円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


made in U.S.A.にこだわりつづけるペンシルバニア州のメーカーです。
特徴はなんといっても重厚なまでの肉厚。
スウェットの薄いものなら7.5oz程度だが、CAMBERのMAX-Weightはなんと8.0oz!リブもしっかり締まっており、Tシャツとは言え真夏に着るには暑いくらいです。肉厚にこだわったマニアの方にお勧めです。カラーバリエーションは6色。

 

 メーカー
ユナイテッドスポーツ
素材  コットン100%
生地
 Super Heavy weight 7.0oz
 Heavy weight 5.6oz
生産地  アメリカ
価格  Heavy weight:500円~900円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


国際綿花評議会(COTTON USA)の認定・推奨を受けたとても高品質なTシャツです。
カラーバリエーションも25種類と揃っており、ラグランスリーブやロングスリーブ、ポケット付きなど種類も豊富です。しかし、日本ではなぜかあまり数が出回っていないようです。ネット販売では多くのところで扱っているため目にすることも多いでしょう。
 メーカー
ユナイテッドアスレ
素材  コットン100%
生地
 グリーンラベル 6.2oz
 レッドラベル 5.6oz
 ??? 3.4oz
生産地  国産
価格  グリーンラベル:650円~900円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


国産生地を使用したTシャツです。生産は中国で行われているものもあるようです(その場合でも生地は国産コーマ糸を使用している)。
アメリカ製にはアメリカ製の風合いがあり良いのですが、国産品の肌触りは一度は触れてみる価値があると思います。特に6.2ozの厚手生地はアメリカ製のゴワゴワとした風合いにはないしっかりとした厚手感に、なめらかな肌触りが特徴です。アメリカ製品独特のサイズのばらつきなども少なくユーザーのみならず、業者にとっても品質の高さはうれしいところ。3.4ozは廉価品で生地も薄く1回きりのイベント用などに使う程度でしょう。カラーバリエーションは32色と豊富です。

 

 メーカー
ナッツ
素材  コットン100%
生地
 ゴールドラベル 7.0oz
生産地  国産
価格  ゴールドラベル:1,400円~3,800円

※oz[オンス]・・・クラスTシャツ基礎知識参照。


「京都イージー」という米国Tシャツ通販ショップのオリジナルブランド。
米国綿を使用し日本国内縫製工場で製造を行っている。
7ozという厚手生地であるためへたりにくく、かつ丁寧で日本人の体型にあった国内縫製による仕立てで着心地も良い。価格は高めだが、品質に妥協を許さないというこだわりの逸品。カラーバリエーションは4色。

クラスTシャツ基礎知識

■ Tシャツ

袖を広げた形がTの字に似ているからTシャツというのは有名。 ちなみにYシャツはYの形だから・・・というわけではありません。 ホワイトシャツから来ているそうです。 (Whiteの発音はワイに聞こえることから)

■ oz[オンス]

重さです。1oz=28.35g。 基本的に重い方(数字が大きい方)が厚手でしっかりしています。

■ ヘビーウェイト

その名の通り重いということです。 使ってある糸が太いので重くなります。 ヘビーウェイトと呼ばれるTシャツに使ってある糸は18番手以下です。

■ 番手

糸の太さです。 綿糸の場合は、840ヤードの長さで1ポンドの重さを持つ糸を1番手とします。 数が小さくなるほど太くなります。

■ コーマ糸

綿花の未熟部分をくしがけすることにより(コーマ通しと言う)、短い不良部分を約15~20%取り除いた糸です。 コーマ通しされると、長い繊維だけが平行に揃えられるため、やわらかくて肌触りが良く品質の良い糸になります。 日本製のTシャツはこのコーマ糸を使ったものが多く見られます。

■ セミコーマ糸

コーマ通しにより不良部分を約10%取り除いた糸です。 コーマ糸と比較すると若干ラフな風合いになります。

■ カード糸

不良部分を約5%ほど取り除いたものです。 コーマ糸に比べ色艶が無く、ゴワゴワした肌触りになります。 しかし、そのラフな風合いとへたりにくい強さがアウター向きと言えるでしょう。 アメリカ製のTシャツはこのカード糸を使ったものが多く見られます。

■ セットインスリーブ

スリーブ、すなわち袖を垂直に縫い合わせたものです。 普通のTシャツはこうなっています。

■ ラグランスリーブ

Tシャツではあまりないのですが、 衿ぐりから脇の下に切り替え線を入れ肩と袖をひと続きにしたものです。 ベースボールタイプと呼ばれるTシャツに見られます。 袖と体の部分の色が違うのが普通です。

■ 天竺編み

平編みのことです。 適度な伸縮性があり体にフィットします。 英語では(Jerseystitch)ジャージーステッチと言われます。 ほとんどのTシャツは、天竺編みの生地を使います。

■ フライス編み

ゴム編み、リブ編みとも呼ばれます。 天竺編みよりも一層伸縮性に富み、衿や袖口に多く使われます。

■ 鹿の子編み

平編みとタック編みが交互にくる編み方です。 鹿の子絞りの織物に外観が似ている事からこのように呼ばれるようになったそうです。 あまりTシャツで見かけることはありません。ポロシャツで多く見られます。